手磨きと電動、どちらがよいのか

 

 

電動は手を動かす必要がないため、手が痛い時などにはとても便利です。最近は超音波によって歯の汚れを落とす高性能の歯ブラシが多数存在します。また、歯茎のマッサージ機能を搭載している企業もあります。これにより、歯周病の症状を緩和できます。歯に当てるだけで汚れを落としてくれるので、とても楽です。その反面、力の調整がしにくいので使用する時は注意が必要です。使用方法などに関して疑問がある場合は、歯科医に聞くと良いアドバイスがもらえます。
一方、手磨きは手を動かすことが必要になりますが、手間を惜しまなければ細かなところまでしっかり磨くことができます。また、力加減を調整できるのもメリットの一つです。

 
歯磨きの際に手に力を入れたり、あまり長い時間を掛けたりすると歯茎や歯への負担となります。また、歯が削れてしまう原因にもなるので、力を入れずに適度な時間磨くことが大事です。これは、どちらの方法を用いる際にも共通して言える点です。
手早く済ませたい場合は電動が、歯茎や歯の負担が気になる場合は手磨きが適しています。しかし歯の健康を第一に考えるとなると、どちらかといえば力加減が調整しやすく細かなところまでよく磨くことができる手磨きが良いと思います。”