歯間ブラシ、デンタルフロスについて

歯間ブラシやデンタルフロスの選び方に注意することで、今まで以上に虫歯や歯周病予防に役立ちます。
まず気をつけなければならないのは、購入の時点でどのような口の中の状態かを把握することです。まずは、合わせ鏡などで自分の歯の状態をしっかりとチェックしてから購入することをおすすめします。あるいは、あらかじめ歯科医院でアドバイスを受けてから購入するという方法でも悪くないと思います。
デンタルフロスは、歯ブラシが届かないエリアを磨くためのものですから、歯と歯の間に残っている食べ物の残りかすを除去するために用います。ただし、歯周病がある程度進行していて、歯周ポケットが大きくなり、歯ぐきが痩せてしまっている人の場合は、歯間が広く開いてしまいますので、そういう場合にはデンタルフロスよりもブラシのほうがずっと歯周病原因菌の除去には役立ちます。

 
また、市販され流通しているデンタルフロスには、大きく分けれて2タイプあります。自分で適当な長さを切り取って使用するタイプと、いわゆる「糸ようじ」のタイプである「ホルダーつき」です。前者は、指が届く範囲に使用し、後者は、小さいお子さんやお年寄りなど、あまり指が自由に動かせない人にとっては最適です。