歯磨きガムの効果とは

 

 

歯磨きガムは歯医者さんではもちろん、コンビニやスーパーに置いてある市販のものもよくみかけます。当たり前のようにどれもキシリトールが配合されています。キシリトールとは、もともとは野菜や果物から得られる自然の甘味料です。そして清涼感のあるもので、口にすると口腔内がすっきりと爽やかになります。
虫歯の原因とされるミュータンス菌は私たちの食べたもののカスを餌に生きていて、その餌を食べて、歯を溶かす酸を出すことで歯を溶かしているとされています。しかし、この甘いキシリトールは、ミュータンス菌の餌とならないため、死に絶えてしまうのです。結果的にミュータンス菌を減らすことができ、虫歯になるリスクを減らすこととなります。

 
さらにガムで摂取することにより「噛む」動作が加わり、唾液の量が増えます。だ液には酸をなくす治癒力がある上、口腔中のバクテリアを洗い流す洗浄効果もあります。虫歯予防、さらには口腔内の菌が減ることで口臭予防にもつながります。
キシリトールは子どもから大人までが気軽に摂取、利用できるもので、フィンランドなど以前から積極的に摂取していた諸外国の状況をみても確実に結果を出しています。歯のケアは他にもありますが、うまくいろいろなものを取り入れながら進めていくのがよいでしょう。。”