デメリットとは

 

 

今では、価格もお手頃になった電動歯ブラシですが、その種類は振動歯ブラシ、音波歯ブラシ、超音波歯ブラシなどの種類があります。電動歯ブラシには、早く磨くことができるという最大のメリットがありますが、デメリットもあります。振動歯ブラシは、使い慣れないうちは、振動が手や頭に伝わり、頭痛がしたり、気分が悪くなることがあります。また、歯茎に強く押し付けていると歯茎に傷がついたり、痛めてしまうことがあります。

 

また、歯ブラシによっては振動の音がうるさいことがあります。音波歯ブラシは、振動歯ブラシよりも歯垢を取り除くことができ、ブラシが直接接触しない部分の歯垢も取ることができるなどの利点がありますが、振動歯ブラシよりも使い慣れるのに時間がかかったり、価格も振動歯ブラシより高い傾向にあるなどの欠点もあります。超音波歯ブラシは、ブラシが接触当たらない部分の歯垢除去能力が音波歯ブラシよりも高く、歯垢が付きにくくなったり、落ちやすくなることや、細菌を破壊することができるため、歯周病や口内炎の改善にも効果があると言われています。しかし、振動がないため歯の表面をこするには、自分の手で振動させる必要があったり、値段もさらに高くなるなどの欠点もあります。