‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

歯磨きガムの効果とは

2014/02/03

 

 

歯磨きガムは歯医者さんではもちろん、コンビニやスーパーに置いてある市販のものもよくみかけます。当たり前のようにどれもキシリトールが配合されています。キシリトールとは、もともとは野菜や果物から得られる自然の甘味料です。そして清涼感のあるもので、口にすると口腔内がすっきりと爽やかになります。
虫歯の原因とされるミュータンス菌は私たちの食べたもののカスを餌に生きていて、その餌を食べて、歯を溶かす酸を出すことで歯を溶かしているとされています。しかし、この甘いキシリトールは、ミュータンス菌の餌とならないため、死に絶えてしまうのです。結果的にミュータンス菌を減らすことができ、虫歯になるリスクを減らすこととなります。

 
さらにガムで摂取することにより「噛む」動作が加わり、唾液の量が増えます。だ液には酸をなくす治癒力がある上、口腔中のバクテリアを洗い流す洗浄効果もあります。虫歯予防、さらには口腔内の菌が減ることで口臭予防にもつながります。
キシリトールは子どもから大人までが気軽に摂取、利用できるもので、フィンランドなど以前から積極的に摂取していた諸外国の状況をみても確実に結果を出しています。歯のケアは他にもありますが、うまくいろいろなものを取り入れながら進めていくのがよいでしょう。。”

歯間ブラシ、デンタルフロスについて

2014/02/03

歯間ブラシやデンタルフロスの選び方に注意することで、今まで以上に虫歯や歯周病予防に役立ちます。
まず気をつけなければならないのは、購入の時点でどのような口の中の状態かを把握することです。まずは、合わせ鏡などで自分の歯の状態をしっかりとチェックしてから購入することをおすすめします。あるいは、あらかじめ歯科医院でアドバイスを受けてから購入するという方法でも悪くないと思います。
デンタルフロスは、歯ブラシが届かないエリアを磨くためのものですから、歯と歯の間に残っている食べ物の残りかすを除去するために用います。ただし、歯周病がある程度進行していて、歯周ポケットが大きくなり、歯ぐきが痩せてしまっている人の場合は、歯間が広く開いてしまいますので、そういう場合にはデンタルフロスよりもブラシのほうがずっと歯周病原因菌の除去には役立ちます。

 
また、市販され流通しているデンタルフロスには、大きく分けれて2タイプあります。自分で適当な長さを切り取って使用するタイプと、いわゆる「糸ようじ」のタイプである「ホルダーつき」です。前者は、指が届く範囲に使用し、後者は、小さいお子さんやお年寄りなど、あまり指が自由に動かせない人にとっては最適です。

歯磨き粉の選び方について

2014/02/03

現在日本では、年齢やお口のトラブルに合わせた様々な歯磨き粉が販売されています。
歯を磨くのは、口腔内を衛生的に保ち、虫歯や歯周病などへの罹患のリスクを軽減するのが目的です。そう言った本来の目的とは別に、最近注目されているのがホワイトニングと口臭予防です。
昨今、日本でもアメリカのように白く輝く歯が美しいとされ、ホワイトニングを行う審美歯科も登場、好評を得ています。しかし、歯科で行うホワイトニングは保険外治療のため、高額な費用がかかります。しかも、歯科に通う時間がないという人もいます。そこで、毎日のブラッシングで歯を白くできる商品が登場しました。
ホワイトニングの施術を受けるのに比べると、白さは際立ちませんが、歯を自然に白くできるので人気です。

 
また、口臭予防のための成分の入った商品も人気です。特に柿渋成分配合のものは、口臭予防だけでなく、歯周病、歯の黄ばみ、出血などにも効果があり、高齢者のみならず年齢を問わず人気商品となっています。
一般的に、効果の高いものは値段もそれなりにするようです。毎日のブラッシングで歯を白くするのはいいですが、食事内容も大切です。着色性の高い食べ物の摂取は控えめにすることがお勧めです。”

自分に合った歯ブラシの選び方について

2014/02/03

 

 

歯ブラシは歯の健康または美容のためには必要な事です。そこでどのようなものを使用するのかも大事ですので選び方についてお話していきます。
まず、大きさですがあまりブラシが小さいと面積が小さい分、歯の清掃に時間がかかりますしやりにくさを感じます。しかし大きすぎると細かい隙間をうまくみがくことができないです。つまり自分の口と比べて大きくもなく小さくもないものが一番ベストだと言えます。なかなかベストな大きさを選ぶ事は難しいですが大事な事ですので購入する際には自分の口と比べながら選んでいきます。

 
次に硬さもじつは大事なのです。ブラシが硬すぎると歯茎に必要以上の刺激を与えてしまって力加減では出血してしまう事も考えられます。歯茎というのは意外にデリケートで傷つきやすい部分ですのであまり硬すぎないブラシを選ぶ事が必要になってくるのです。硬いかを把握するためには商品の箱に書いてある説明をみると分かる時があります。それでも分からない時もありますのでインターネットで商品名を検索して調べると分かります。
以上が選び方の上で大事なポイントになってきます。
商品によって歯がきれいになるかの出来にも関わってきますのでしっかり考えて選びます。”

間違った歯磨きの方法とは

2014/02/03

ブラッシングとは、食後3分以内にするのが以前の常識でした。しかし、今、その常識が覆られつつあります。
食後3分以内のブラッシングは間違いということがわかったのです。つまり、私たちの口の中は、食後は酸性状態になっています。その状態で歯を磨くと、歯のエナメル質を傷つけてしまい、逆に虫歯になりやすくなるのです。そこで、食事20分以上時間をおいてからのブラッシングが今の常識となっています。
また、使い古しの歯ブラシを大事に使用している人がいますが、これも良くありません。長く使うと毛の部分が抜けたり毛先が広がったりして、歯ブラシの本来の効果を発揮できません。また、雑菌が繁殖しかえって危険な可能性もあります。歯ブラシは毛先が少しでも開いたら交換するのがいいでしょう。
歯を長く磨けは良いいう訳ではありません。磨いている時間よりも、磨き方が大切です。自信がない人は、歯科衛生士にブラッシングの指導を受けるのもいいでしょう。

 
それに、歯ブラシの硬さも重要です。硬い方が磨けている感じがするかもしれませんが、歯茎を傷つける可能性があります。自分に合った歯ブラシを選ぶには、歯科医に相談するのがベストです。
歯は一生モノです。美味しく食事をいただくには、自分の歯であることがベストです。毎日正しいブラッシングと、定期検診でお口の中を清潔に保ち、いつまでも健康な歯でいたいものです。”

手磨きと電動、どちらがよいのか

2014/02/03

 

 

電動は手を動かす必要がないため、手が痛い時などにはとても便利です。最近は超音波によって歯の汚れを落とす高性能の歯ブラシが多数存在します。また、歯茎のマッサージ機能を搭載している企業もあります。これにより、歯周病の症状を緩和できます。歯に当てるだけで汚れを落としてくれるので、とても楽です。その反面、力の調整がしにくいので使用する時は注意が必要です。使用方法などに関して疑問がある場合は、歯科医に聞くと良いアドバイスがもらえます。
一方、手磨きは手を動かすことが必要になりますが、手間を惜しまなければ細かなところまでしっかり磨くことができます。また、力加減を調整できるのもメリットの一つです。

 
歯磨きの際に手に力を入れたり、あまり長い時間を掛けたりすると歯茎や歯への負担となります。また、歯が削れてしまう原因にもなるので、力を入れずに適度な時間磨くことが大事です。これは、どちらの方法を用いる際にも共通して言える点です。
手早く済ませたい場合は電動が、歯茎や歯の負担が気になる場合は手磨きが適しています。しかし歯の健康を第一に考えるとなると、どちらかといえば力加減が調整しやすく細かなところまでよく磨くことができる手磨きが良いと思います。”

デメリットとは

2014/02/03

 

 

今では、価格もお手頃になった電動歯ブラシですが、その種類は振動歯ブラシ、音波歯ブラシ、超音波歯ブラシなどの種類があります。電動歯ブラシには、早く磨くことができるという最大のメリットがありますが、デメリットもあります。振動歯ブラシは、使い慣れないうちは、振動が手や頭に伝わり、頭痛がしたり、気分が悪くなることがあります。また、歯茎に強く押し付けていると歯茎に傷がついたり、痛めてしまうことがあります。

 

また、歯ブラシによっては振動の音がうるさいことがあります。音波歯ブラシは、振動歯ブラシよりも歯垢を取り除くことができ、ブラシが直接接触しない部分の歯垢も取ることができるなどの利点がありますが、振動歯ブラシよりも使い慣れるのに時間がかかったり、価格も振動歯ブラシより高い傾向にあるなどの欠点もあります。超音波歯ブラシは、ブラシが接触当たらない部分の歯垢除去能力が音波歯ブラシよりも高く、歯垢が付きにくくなったり、落ちやすくなることや、細菌を破壊することができるため、歯周病や口内炎の改善にも効果があると言われています。しかし、振動がないため歯の表面をこするには、自分の手で振動させる必要があったり、値段もさらに高くなるなどの欠点もあります。

メリットとは

2014/01/17

 

歯を磨く道具には電動歯ブラシと手磨き歯ブラシがありますが今回は電動歯ブラシについてのメリットをお話していきます。
電動歯ブラシは自動でブラシが高速回転しているので歯に触れただけで歯の歯垢を落としてくれますので磨く時に楽というのが一番の良い所です。普通の歯ブラシのように手を敏感に動かす必要性がなくて、余計な動作をしないでいいという事で最近は人気がでています。高速回転しているのですみずみまで汚れをおとしてくれますので心配いらないです。
まったく力も必要ありませんし、歯や歯茎を傷つけないですみますのでそういう所も良い部分ではあります。

 
まだ他にも良い部分がありますして、高速回転している分、歯の隙間の歯垢も除去できるという事です。これにより虫歯のリスクも下がりますし病気予防の面でもかなりの力を発揮してくれることになります。
普通の歯ブラシを利用して虫歯になるのであれば電動歯ブラシを使用する事をお勧めします。
そして、高速で歯を綺麗にしてくれますので短時間で歯の清掃が終わるというのも良い部分の1つです。短時間で終わるという事はそれだけ手間がかからないという事です。
以上のように電動歯ブラシは良い部分が多いです。”