白い歯で笑顔に自信。正しい歯磨きの方法とは

歯が白いですと笑顔がより素敵に見えますし、周りからも好印象に見えますので笑顔に自信ができてきます。そうなるためにも日ごろから正しい歯磨きをやっていく必要があります。
ではどのような方法でやっていけば良いかですが、そのためには正しい磨き方を学ぶ必要があるのです。インターネットでも磨き方について解説しているサイトがありますし簡単に調べる事ができるので、まずはそこで調べて磨き方の知識を頭にうえつける必要があります。知識を身につければ後は磨くだけになってきますができるだけ時間をかけて磨く必要があります。なぜかというといくら磨き方をマスターしても素早く磨いていては歯垢や歯石などもとれませんし、歯を綺麗にブラッシングできていないのです。丁寧に磨いていく事が大切ではあるし、最低でも2分から3分は磨いていく方法でないと歯が綺麗にならないです。
歯を磨くだけに2分以上かけるのはちょっと長く感じてしまうかもしれませんが、それぐらいで磨かないといくら良い磨き方でも汚れが落ちないという事につながってしまうのです。
以上のようにまずは磨き方をマスターしていきそしてじっくり2分から3分ぐらいかけて磨いていくようにします。

 

 

電動歯ブラシの種類について

 

“電動歯ブラシには、普通のモーターを使って1分間に3000~10000回程度ブラシを回転させたりや往復させるものと、リニアモーターを使って1分間に30000~40000回という高速でブラシを振動させる歯ブラシ(音波歯ブラシ、音波振動歯ブラシ)があります。
音波振動歯ブラシは振動が高速であるため、より効果的に歯垢を落とすことができます。さらにブラシがあたっていない先、2~3mmのところにある歯垢を落とすことができるというメリットがあります。 値段は普通のモーターを使った歯ブラシよりも高くなりますが、歯垢を落とす力を考えると音波振動歯ブラシを選ぶことが勧められます。
「音波」という名称がつく歯ブラシとして超音波歯ブラシがあります。これは歯ブラシのヘッド部分に超音波発生装置を組み込んだものです。超音波の力によって歯周病菌を除去したり、骨や歯肉の細胞を活性化させたり、歯垢をはがれやすくしたりします。ブラシが振動するわけではないので、歯垢を除去するためには、普通の歯ブラシのように磨く必要があります。磨いた後のきれいさは音波振動歯ブラシにはかないませんが、虫歯予防や歯周病が気になる方には適していると言えます。